爪を噛む癖をやめたい

爪を噛むことが癖になっている子供は沢山います。
大人になっても癖が直らず、爪を噛んでしまう悩みを持っている人もいます。

 

子供の場合

爪が伸びてきたことが気になり、知らず知らずのうちに噛んでしまう事もあります。
爪を噛んでしまう事には心理的な要因も影響していると言われ、
何らかの精神的なストレスがある場合に多くみられる症状の一つです。

 

寂しさを感じていたり、その他不安や心配事などを1人で抱えている場合には、
そうした不安などが表面に現れる際に言葉では無く、爪を噛む仕草をして現れるというわけ。

 

爪を噛む癖全てが心理的要因によるものではありませんが、
酷くなればなる程、爪の形状が変わり、綺麗に成長しなくなってしまいます。
だから、早めに改善しなければなりません。

 

綺麗に爪を整えるため、まずは伸ばす事を意識するひつようがあります。
伸びる前の段階でどうしても気になり、噛んでしまう場合には、
指にバンドエイドやテーピングなどをして、噛まないようにする事が大切です。

 

近年、爪噛み予防の専用マニキュアなども販売されています。
このマニキュアを塗った後に爪を噛むと、強い苦味がするため
自然と爪を噛む癖が改善されていきます。

 

ドラッグストアなどでも販売されインターネットで購入する事も可能です。
ドラッグストアでの購入を躊躇ってしまう場合には、通販で購入すると良いでしょう。

 

長期間爪を噛んでいると、どんどん爪の形状が変わり、
爪の持っている機能を果たす事が出来なくなります。
可能な限り早く改善するように、様々な対策を考えるようにしましょう。

 

頻繁に爪を噛んでしまう事により、指先への細菌感染などの心配もあります。
上記したような方法で対策をしていくと良いです。

 

大人になればネイルアートなどをしてある程度見た目を誤魔化したりする事が可能ですが、
子供の場合にはそうもいきません。

 

爪を噛んでしまう事や爪の形状が変わってしまう事で、
他人から指摘をされ、本人が更に辛い思いをしてしまう場合もあります。
保護者の方が早い段階で改善に取り組むようにしましょう。

 

また親子のコミュニケーションについても一度真剣に考え、
ストレスや愛情不足と言った原因を取り除いていかなくてはなりません。