爪の形はどういうのが理想.

自分で爪の手入れをする際には、どういう形が理想なのかと悩んでしまう事があります。
カットの仕方や長さによって、爪の形は自由自在に変更する事が出来るので
理想的な爪の形を知り指先を美しく見せましょう。

 

好みによって理想的な爪の形は違います。
主にはラウンドと言われている形や、スクエアと呼ばれている形になります。

 

ラウンドは丸みを帯びていて、長さは手のひら側から見た時に
爪の先が2ミリから3ミリミリ程度がベストです。
日常生活でどこかに引っ掛けてしまう事も少なく、不便さを感じる事がありません。

 

スクウェアは爪の先が丸みを帯びておらず、四角い型になりますが、
近年ではスクエアオフと言って、爪の角を丸くしたタイプの形が理想的だと人気です。
スクウェアの形状はラウンドに比べると長いデザインが多くなっており、
ネイルアートをする際にも幅広いデザインが楽しめるので若い女性には人気があります。

 

どのような爪のデザインにしても長くなり過ぎてしまえば、
日常生活に支障があるだけで無く、爪の強度そのものが損なわれてしまうため、
折れたり欠けたりする事に繋がります。

 

上記にもあるように、手のひら側から見て少しだけ白い部分が見えているのが理想的。
ですが、スクウェアの場合にはもう少し長く、
5ミリから6ミリ程度の範囲で長さの調節をすると良いでしょう。
デザインのためとは言え、長すぎてしまう爪は理想的とは言えず
爪の強度だけで無く、見た目のバランスも崩してしまう可能性があります。

 

上記2つの爪の形状は自分でケアをするにもお手入れがしやすく、
長さの調節や形状の維持などもしやすいので、
こうした部分でも理想的な爪の形と言われているようです。

 

ラウンドは柔らかいイメージ。
スクウェアは若々しいイメージやシャープなイメージを与える爪の形となります。