爪が割れるのは何故?

どんなに爪のケアしているつもりでいても、爪が割れてしまう事があります。
割れてしまった際に自分で原因がわかっていれば良いですが、
特に原因がわからずに爪が割れてしまうと非常に不安になるものです。

 

爪が割れてしまう原因で最も考えられるのが、タンパク質不足。
食生活の乱れや寝不足、疲労の蓄積などによって十分なタンパク質が足りないために、
爪の強度が損なわれる事による症状だと考えられています。

 

またこの他には爪に大きな負荷が掛かるような作業を繰り返している場合にも、
割れてしまう事があります。
例えばパチンコ店で沢山のパチンコ玉やスロットのメダルが入ったケースを毎日持っていたり
その他、指先を頻繁に使うような仕事などの場合には爪が割れやすくなる傾向にあります。

 

更に家事をする中で影響の強い薬剤洗剤などを使用していても栄養分が損なわれ、
割れてしまうケースがありますよ。

 

家事の中にはお掃除があります。

掃除で、塩素など強い薬剤を使用すると、爪には大きな負担です。
その影響で、数日後に割れてしまったりする事があります。
薄手の手袋を使用するなどの工夫が必要ですね。

 

タンパク質の不足に関しては、食生活に気を付けていくしかありません。
上記の中で複数の原因が重なっている場合もあるので、
一つの原因だけで無く、複数の原因も考えた上での対策をするようにしてください。

 

忙しくバランスの取れた食事が出来ない中で、
強い薬剤によるお風呂掃除をしてしまったなどの場合には、通常よりも爪が割れやすくなってしまいます。