爪の凸凹を何とかしたい

手先が綺麗なことは身だしなみの一つです。
爪を綺麗に維持したいと言う人や、綺麗に見せたいという人は沢山います。
しかし、そんな思いとは裏腹に爪が凸凹としていて、何が原因なのかわからずに困っている人もいるでしょう。

 

爪が凸凹としている事に対する理由について、主に加齢が原因となり、更には爪の水分不足が原因になります。
加齢と共に爪の水分が失われ、生成される過程において水分不足が続くと、滑らかな表面ではなく、デコボコとした表面になります。

 

お薬の影響

またこれ以外には、必要に応じて服用しているお薬の影響なども考えられるため、全てが加齢による水分不足と言い切る事は出来ません。
特にお薬などを服用していない場合には、爪の水分不足が原因です。
スキンケアに使用しているローションなどを爪にも塗り込んであげると良いでしょう。

 

爪は健康を表示してくれている部分だと言われているので、異常がある場合には、何かしら理由があります。

 

上記のように加齢によるもの等であれば、さほど心配する必要は無く、気にしなくても良いですが万が一内臓疾患のお薬による影響などの場合には、体には薬が合っていない事も考えられるので、医師と相談する必要が出てくるでしょう。

 

爪の水分が失われてしまう原因

常にネイルを付けていて、爪が空気に触れることが無いケースや、体内の水分が不足し、爪の生成する成分がしっかり行き届いていない事も考えられます。
栄養バランスの見直しも行ってみると良いです。

 

爪磨きなどを行い、一時的に症状が改善されても再び同じ症状に悩まされてしまう。
そういう方は、必ずどこかに原因があります。探ってみましょう!

爪のケアの方法

スキンケアやその他お肌のケアを行っている人がたくさん居ても、爪のケアをしている人は非常に少なく、爪にトラブルを抱えている人もいます。

 

綺麗な指先を維持するためには、しっかり爪のケアを行う必要があります。
では、どのような方法でケアをすれば良いのでしょう?
最も大切だと言われているのが、爪の保湿です。

 

近年では爪専用の保湿液なども販売されています。
こうしたアイテムを使用しても良いし、スキンケアに使用しているローションなどを爪に使用しても良いでしょう。

 

ある程度爪の長さが伸びてきた場合

爪切りを使うと二枚爪になってしまうような事もあります。
出来るだけファイリングをして長さを整えるようにしてあげると、爪のトラブルが少なくなります。

 

体の組織の中でも爪は硬い部類となるので、大きな異常がない限りケアを考える事も少ないですが、爪が成長していますので、体や肌に悪いと言われる成分が付着していれば当然すぐにトラブルが起きてしまいます。

 

お洗濯やキッチンの洗い物などをする際、洗浄力の強い界面活性剤などを使用していると徐々に爪のダメージは蓄積され大きな壁となって現れてしまうけーすもあります。
なので、こうした洗剤を避ける事や、どうしても使用する際には、その後のケアを忘れずに十分に洗浄を行い、保湿クリームを塗ってあげるようにしましょう。

 

マニキュアを塗っている人の場合

適度にマニキュアを落とし、自然な状態で成長させてあげる事が大切です。
一年中マニキュアを塗った状態の爪は、変色してしまう事が多く、最終的には、組織がも脆くなり、剥がれてしまうようなトラブルもあります。

 

爪のスペシャリスト

ネイリストを目指している方はこちらで、資格を考えてみるのもいいかもしれません。
ネイルスクールやネイル教室で教えてもらうわけです。
やっぱりプロに教ええもらうと全然違いますからね。
見違えるように爪がキレイになることでしょう。
ただネイル教室といっても、どこへ行ったらいいのかよく分からない方ももいるでしょう。
なので、ネイルスクールの選び方を参考にしてみは

 

 

 

 

 

更新履歴